建築へのこだわり

日本の伝統建築を施した華美な装飾は排除し質にこだわった空間設計

国内外で活躍される建築家小坂竜氏が設計・デザインする、奥ゆかしさ、モダンさも兼ね備え、シンプルで上質な空間をつくりあげる。石・木・光などの自然要素を駆使した豊かな設計は、訪れた人の感性を磨く五感で感じるデザイナーズ空間。

外観

日本の伝統建築が施された立体格子のファザード

自然光の屈折を利用しながら館内に光を取り込み、柔らかい間接照明に切り替える立体格子。
石の風合いと色味がモダンさを引き立たせます。

エントランス

抜けた窓から望む日常の慌ただしさを忘れる“坪庭空間”

充分な採光と通風を目的に造られたと言われる坪庭は、《何もしていない》のに心が穏やかになる魅力が。
エントランスから迎える多くのゲストにも安らぎを体感させる設計で、館内中に響き渡る滝の音も同時に体感し、
訪れた人々の時間がゆったりと流れる感覚を表現。

ウェルカムラウンジ

外にいるかのような抜け感と安らぎと高揚感を体感できる空間設計

中央の印象的なバーカウンターは訪れる人たちへの高揚感を引き立たせ、
心地よい風や緑を望みながら開放的な空間で待つ時間でさえ、贅沢なひと時を感じていただけます。

チャペル

職人技が施された大理石を用いたデザイナーズチャペル

大理石を一枚一枚職人が削り、表面を粗目に仕上げた素材を壁一面に施した設計。
自然光が石に当たると、温かな木目調に見えるようデザイン。
自然光が直射で入ってこないように考えられた窓の高さ・大きさや、「過去・現在・未来」を表現した3本の連なった十字架は挙式という儀式の本質を捉えた空間。

サロン

THE Tender HOUSEの“離れ”として設計されたティーサロン

凛とした空気感を感じながらも、心が安らぎ、いつもの自分とは違う自分と向き合い、新たな発見をする。
生まれ変わったような感覚を覚える。五感が研ぎ澄まされ、いつもとは違う感覚を味わう。
余白を楽しむ。そんな新しい上質さや豊かさを体験する特別なティーサロン。

PAGETOP

フェア検索 見学予約 お電話